Creative coders talk

Raspberry Pi 3でopenFrameworksを動かす

なぜこうなった

  • ディスプレイ8台以上を同期しなければいけない
  • マシンをたくさん揃えるのは大変
  • 会期も長い

方法

  1. OSダウンロード
  2. micro SDカードにimgファイルを入れる
  3. ラズパイのスロットにカードを挿して起動する
  4. もろもろ設定する
  5. openFrameworksラズパイバージョンをダウンロードする
  6. openFrameworksをインストール
  7. サンプルを動かしてみる

1. OSダウンロード

下記URLからOSをダウンロードする
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

2. micro SDカードにimgファイルを入れる

フォーマット済みのmicro SDを準備.
※していない場合,Disk Utilityなどで,MS-DOS(FAT)のフォーマットで消去する.

以下をterminalで実行して,SDカードのPC上での表示を確かめる.

SDカードをアンマウントするため,以下を実行する

imgファイルを書き込むために,以下を実行する.

※パスは各自で変更する

3. ラズパイのスロットにカードを挿して起動する

スロットにカードを挿して起動する.
普通に起動すれば成功.
起動せずブラックアウトの場合は,再度imgファイルの書き込みをやり直す.

4. もろもろ設定する

パスワードを変更したり,ストレージ領域を拡張したり,ロケール,sshの有効化の設定を以下から設定.

ちなみにこれ以降はsshでいけるのでsshでやるほうが楽.
その場合自分の同じwi-fi繋いでるPCから,以下を実行してssh接続する.

※2016年後半くらいにこちらに変わった気がする.

5. openFrameworksラズパイバージョンをダウンロードする

最近のOSだとgccのバージョンがoF0.9.8と互換がないため,nightly buildsの中からダウンロードする.
以下のページの一番下までスクロールしたところにある.
むしろここが一番ハマった.
http://openframeworks.cc/download/

6. openFrameworksをインストール

以下を実行する.

※of_v0.9.8_linuxarmv6l_release.tar.gzは自分の落としたファイルによって変更する.

このコンパイルは時間かかる.

7. サンプルを動かしてみる

以下のようにサンプルを実行してみる.

エラーなくコンパイルできれば,指示に出るとおりに実行

これで動けば成功.